専門店に査定をお願いしよう

スピーカー

ヘッドホンやAVアンプなど、さまざまなオーディオ製品は中古市場でもかなりの人気があります。そのため、オーディオを専門とする買取店があるので、使わなくなったアイテムがあるのなら活用を考えましょう。お店によっては店頭買取だけではなく、出張買取や宅配買取まで対応しているため、一人で持ち運ぶのが難しいオーディオ製品を売りたい方でも安心です。なお、オーディオ製品を売る場合は、まずは査定というシステムを利用することになります。査定ではオーディオ製品の価値をしっかりと調べて、買取金額を教えてくれます。お店に提案された金額が適切だと感じたのなら、そこで初めて取り引きを行うことになるので、査定だけなら気軽に利用しても大丈夫です。

別途費用がかかる場合がある

オーディオ

査定をしてもらうのに料金は設定されていないため、オーディオ買取店を利用するときに費用は発生しません。しかし、持ち運んだり宅配したりするには、費用がかかることがあるので注意しましょう。もしも、大きなオーディオ製品を店頭買取してもらうのなら、トラックなどのレンタル代が必要になることがあります。そして、宅配買取の場合はサイズが大きくなればなるほど、高い配送料金を支払わなければいけません。それらの費用がいくらになるのか事前に調べることは可能なので、もっとも安く売却できる方法を探してみましょう。ちなみに、宅配買取の場合は、元払いではなく、着払いで送れるようになっているケースがほとんどです。送料がどのような扱いになっているのかは、お店のホームページを訪れて、利用ガイドを見れば確認可能です。送るときは無料でも、キャンセルしたときに送り返してもらうのには費用が発生する可能性もあるので気をつけなければいけません。

相場を調べておこう

スピーカー

オーディオ製品を買取ってもらうときに、損をしたくないのなら、大凡の相場を調べるようにしましょう。そこそこメジャーなオーディオ製品なら、現在ではインターネットを使えば、買取金額の相場を知るのは難しくありません。お店のホームページに載っていることもありますし、個人のホームページで紹介されていることもあります。なお、確実に相場を知りたいと考えるなら、簡易査定をしてくれるお店を活用しましょう。簡易査定はオーディオ製品の型番や状態などの情報のみで金額を教えてもらえる方法です。つまり、簡単に査定額を知れるので、多くの業者に査定をお願いしてじっくりと比較をすれば、売りたいオーディオ製品の相場を知ることができます。

広告募集中